2011年09月14日

TOY☆STAGE tomomiの絵本ナビ

今回の絵本はコチラるんるん



20110827010701.jpg



本Bedtime For Bear本


STORY BY Sandol Stoddardペン


ILLUSTRATED BY Lynn Munsingerアート



表紙に描かれている赤いパジャマのクマちゃんが主人公


お名前はSmallわーい(嬉しい顔)かわいい



おばあちゃんグマの”Big”と暮らしています。



このSmallちゃん、



夜、一人でベッドにいって寝るのが



どうもイヤみたいなんですふらふら




おばあちゃんに”早く寝なさい!”



と言われても、



お部屋が暗すぎるの!



とか、



このパジャマが好きじゃないの!




とか、





なんだか大嫌いなが飛んでる音がするんだ!




なんて言って、



どうしても一人で寝ようとしないんですわーい(嬉しい顔)



困ったおばあちゃんでしたが........



さぁ、はたして、


Smallはちゃんとねむれるのでしょうか??目




というお話が、



とっても可愛いイラストとともに展開していきますかわいい



特にSmall表情がすごく豊かで、



微笑ましいですわーい(嬉しい顔)




この絵本を読んでいたら、



自分の子どもの時をなんとなく思い出しちゃいました。



そういえば私も、夜、2階の自分の部屋に行って



一人で眠りにつくのがとってもイヤexclamation×2な時期ってありました......



そんな時は、Small みたいに、



なんやかんや理由をつけて



父や母のいるリビングにずっと居ようとして、



結局、リビングで寝てしまい、



父にだっこしてもらって、自分のベッドに運んでもらう.....



という事がたくさんありましたわーい(嬉しい顔)




時には、



本当は眠ってないのに、



寝ているフリをして



ベッドまでだっこしてもらったり......



そんな時は、なんだか自分がとても大切な特別な存在のように感じて、



すっごく嬉しいというか、幸せな気分になったのを覚えています。




この絵本を読んだ時、



不思議とそんな思い出がよみがえってきましたかわいい



だから、なんとなく、



この本は大人の人にも読んでもらいたいなぁ....



という感じです。



秋の夜長に。



ゆっくりと。



子どもの時の事を思い出しながら。



ぜひ!!ぴかぴか(新しい)わーい(嬉しい顔)



tomomi
All Rights Reserved TOY☆STAGE


posted by TOY STAGE at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOY☆STAGE tomomi の 絵本ナビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。