2010年06月01日

いろんな色がR−COLLAR!

こども達が持つ個性の色鮮やかさにはいつも驚かされる


一つの色に染まることなく時折自由に色を変化させ

気ままな中にあって素直で正直な気持ちを余すことなく表現する

それはこども達が持つ一番の特性かもしれない



「人は皆生まれた時に真っ白のキャンパスを持っていて

 人生の中でたくさんの色を使ってそこに絵を描いていく」

そんな感じのたとえ話を以前に聞いたことがある

まさにこの表現はすべての人に当てはまっていると思う


でも


ほとんどの人が大人になるにつれいつの間にか自分の色を

消してしまったり隠してしまったりしてしまう

望んでそうする場合もあるがほとんどは気づかない内に


ひょっとしたら


こども達が成長する中で自由な色を使い描いている絵を

強引に塗りつぶしてしまうのは周りの大人なのかもしれない



個性だけで“共存”の世の中が成り立つとは思ってはいない

まだ未熟ながらも一人の大人としてそれは理解している

しかし個性が無ければ“共栄”は先にはありえないことだと思う


だからこそ


こども達が心のキャンパスに描いている絵を見せてくれたら

できるだけその絵や色使いを褒めてあげたい

きっとみんなが自分だけの色で絵を描き始めている時だから


大人達が感じなくなったものを今感じながら描き始めたその色で。







いろいろ色々な話になったけど


最終的に僕が言いたいのは



TOY☆STAGEのオリジナル楽曲の中にといった

周りにあるいろんな色を探そう!という、とっても楽しい遊び歌があるカラーexclamation

いつかの機会に是非とも聞いて、み〜んなで遊んでねー手(チョキ)わーい(嬉しい顔)





TOY☆STAGE まっしー
by 真島邦英





All right Reserved 2006-2010 TOY☆STAGE


posted by TOY STAGE at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | まっしー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
RSS取得
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。